神前式のメリット

新郎の頼もしい姿が見られる

夫婦二人で結婚式の流れを眺めるだけではなく、式の主役として活躍したい気持ちがある方々に神前式はぴったりです。神社で結婚式を挙げる場合は誓詞奏上という、新郎が結婚の誓いを神様に伝える儀式が行われます。新郎の活躍を映像として残せて、最高の思い出を作れるのが神前式の魅力です。神主が儀式の流れを主導するのではなく、誓詞奏上は新郎新婦が自分の口で誓いの言葉を伝える必要があります。誓詞奏上に含まれるのは、結婚の報告と夫婦の誓いと締めの言葉の3つです。結婚の報告と締めの言葉は定型文が使われることが多いのですが、夫婦の誓いはカップルによって違いが出る点です。幸せな家庭を築きたい気持ちを言葉にして、新郎の頼もしい姿を新婦に見せてください。

日本の伝統文化に触れられる

美しい神社で結婚式を挙げられて、和装の衣装の美しさに感動できるのが神前式の良さです。日本の伝統文化に触れて、歴史の重みを感じることで結婚式の思い出も美しく変化します。参進という神社の参道を歩く儀式は、境内の景色の良さに感動できて、気持ちが引き締まるのも神前式の魅力の一つです。斎主が列席者を清める修祓の儀は、悪い気を払うことで列席者にも幸せを分けるために行われます。新郎新婦の二人だけでなく、親族や友人も幸せな日々を過ごしてほしいと考える方々に神前式は最適です。結婚式で指輪を交換するのは西洋の文化なので、以前の神前式では行われることはありませんでしたが、近年では神前式でも指輪の交換が行われています。指輪の交換に憧れがある方々も、安心して神前式を挙げられます。

パパママ婚は夫婦だけではなく、子供も一緒に思い出に残るのが魅力です。また出産したばかりであれば、親戚や友人に子供をお披露目できる絶好のチャンスになります。